整備・修理 -
スパークプラグ

「エンジンパワーが前より落ちた気がする・・・」という方へ

スパークプラグとは、ガソリンに火花をとばすための部品です。車はガソリンを燃やして走っています。燃やす際に必要なのがこのスパークプラグです。プラグの先端が摩耗していたり、くすぶっていたりするとうまく火花がとばないので車が走りません。

スパークプラグの本数は「気筒数」分あります。3気筒なら3つです。また、先端の素材の違いによって耐久性も価格も異なります。一般的なのは白金プラグやイリジウムプラグです。交換目安もさまざまです。100,000㎞ともいわれていますが、70,000 ㎞くらいで交換しておくと安心な消耗品です。

新品と旧品のスパークプラグの比較と旧品の電極アップ

スパークプラグ交換
作業工賃表

気筒数、プラグ種、車種によって価格・作業時間が異なります。下記の表は、目安になります。詳しくは、スタッフまでお問い合わせください。

作業箇所工賃(税抜)所要時間
スパークプラグ【1本】¥750~5分程度

整備・修理一覧

↑